水曜午後・日曜日・祝日

アクセス

兵庫県赤穂市尾崎3143-56

ご予約・お問い合わせは

0791-46-3800

メインイメージ

矯正治療

気になる歯並びのお悩み解決します

噛み合わせの種類

上下の歯が適切に咬み合っていない、歯並びが凸凹していたり歯と歯の間に隙間がある、 といった歯の状態のことを「不正咬合(ふせいこうごう)」と言います。 不正咬合の悪影響は噛み合わせの問題だけではなく、心や身体にも及びます。咀嚼・発音・顎の発育・顎関節への悪影響が懸念されるほか、外見を気にすることによる心理的な悪影響も起こり得ます。 不正咬合には、主に次のような種類があります。不正咬合の種類により、原因や起こり得る悪影響などに違いがあります。

上歯前突(出っ歯)

いわゆる「出っ歯」のことです。上の前歯が大きく前に突き出している状態のことをいいます。

下顎前突(受け口)

「受け口」とも呼ばれ、下の前歯が上の前歯より前に出ている状態のことです。

空隙歯列弓(すきっ歯)

「すきっ歯」と呼ばれるもので、歯と歯の間にすき間があいていることをいいます。

叢生(そうせい)

歯が重なり合ったりして、歯並びが凸凹している状態のことをいいます。

開咬(かいこう)

奥歯でしっかり噛んでも上下の前歯がかみ合わず、すき間があいている状態のことです。

過蓋咬合(かがいこうごう)

噛んだときに、上の前歯が下の前歯に大きくかぶさっている状態のことをいいます。

歯を抜かない矯正

今までの治療法では、顎のスペースを広げるために健康な歯を抜く必要がありました。ところが、最近では歯を抜かずに矯正治療ができる場合があるのです。特に小さなお子さんの場合、顎の成長をうまく利用しながら矯正治療を行えるため、歯を抜かなくてもすむ確率が高くなります。反対に歯を前歯のほうへ動かすことを近心移動といいます。現在は「目立たない」矯正装置や「歯を抜かない」矯正治療など、 治療方法も様々になってきましたが、当クリニックでは非抜歯(歯を抜かない)矯正治療をメインにしています。

治療では、顎の骨の状態がよりよく把握できる歯科用CTを使用して、3次元的に状態を把握します。また、セファロ(頭部X線規格写真)撮影を行なっていますので、 歯の生え方や顎の骨、顔の大きさなどを計測・分析することが可能です。

目立たない矯正-インビザライン

インビザライン矯正は目立たず快適な、マウスピース矯正です。矯正中も目立たず、ストレスの少なさがといったメリットがあります。従来の矯正方法では、ワイヤーを装着する為目立ってしまい抵抗のあった方にも取り入れていただけます。

取り外し可能で痛みも少なく、通院回数も少ないメリットの多くあるインビザラインで矯正をしてみませんか?

患者様の歯並びやお口の状態によっては、インビザラインでは治療できないことがありますので一度ご相談ください。

ホワイトワイヤー矯正

従来の矯正方法通り、歯の表側に装置を付けて行う方法ですが、白いワイヤーと白いブラケットを用います。

非常に目立ちにくく上品に感るため、銀色のワイヤーとは全く雰囲気が違います。 表側矯正ですが「見えにく、人から気付かれにくい」「目立たない」のがホワイトワイヤー矯正です。

3歳検診で受け口と診断されたら

ムーシールドを装着することによって改善される場合があります。ムーシールドとは、下の前歯が上の前歯より前に出ている、いわゆる「受け口(反対咬合・下顎前突)」のお子さんの矯正治療に使用する器具のことです。

ムーシールドは幼児期の受け口(反対咬合)治療に使用するマウスピース型の装置です。受け口の原因の多くは口の周りの筋肉のバランスが悪いことです。ムーシールドを就寝時にお口の中にいれて舌や口の周りの筋肉を整えます。 毎晩寝ている間だけ、ムーシールドを装着するだけなので、痛みや負担も少なく3歳頃から治療が可能です。

短期間で出来る小さな矯正

1本だけ歯が飛び出ている、前歯2本のすき間が開いている、など歯列全体ではなく数本の歯だけを動かす矯正治療のことを「部分矯正(MTM)」といいます。

見た目の矯正だけでなく歯が正しい位置に戻り、ブラッシングがしやすい状態となる為、歯周病にも感染しにくくなる口腔内環境を作る事が出来ます。また、通常の矯正治療よりも短期間・安価で出来ることが特徴です。